読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The News Alley

ドラマや、映画、日常の気になることを書いています。

読書

いくえみ綾「あなたのことはそれほど」がドラマ化!漫画の感想など

いくえみ綾「あなたのことはそれほど」がドラマ化!「あなたのことはそれほど」はW不倫漫画です。コミックス派なので、最新刊(4巻)までしか読んでませんが、ちまたにあり得そうな不倫話で、読んだ後の後読感の悪さは何とも言えず。そして、ほぼ登場人物全…

宮部みゆき杉村三郎シリーズ「希望荘」の感想とあらすじ

宮部みゆきさんの杉村三郎シリーズの4作目となる「希望荘」。「誰か Somebody」「名もなき毒」「ペテロの葬列」「負の方程式」※ソロモンの偽証最終巻に収録 「ペテロの葬列」でのラストは、思わず「はぁぁぁ?!」と叫びそうになりましたが、「希望荘」では…

「復讐の未亡人」をスマホで試し読みからの読破!感想・あらすじ

「復讐の未亡人」が最近スマホの広告でチラチラと目につき気になってしまい、つい昨日の夜ポチって、読破してしまったので、黒沢Rさんの「復讐の未亡人」のあらすじや感想を書いてみたいと思います。復讐の未亡人は絵がキレイなので、読みやすいです。 スマ…

ダン・ブラウン、「インフェルノ」不満な原作と映画のラストの違い

ダン・ブラウンのラングドン教授シリーズ映画化第3弾の「インフェルノ」を映画館で観ました。ちなみに、「インフェルノ」の小説版は既に読んでいました。「インフェルノ」はダンテの「神曲」の地獄篇(インフェルノ・Inferno)をキーに描かれており、前作同…

しくじり先生で星の王子さま紹介!フランス人の読み方とは?

しくじり先生で、オリエンタルラジオの中田先生が、「星の王子さま」から読み解く、人生の教訓という授業を行うとのことで、前にフランス人の先生が言っていた事を思い出しました。また、物語の最後もなんとなく、思い出しました。星の王子さまと言えば、言…

インフェルノのダン・ブラウン著、「ロスト・シンボル」感想

映画「インフェルノ」が好評の原作ダン・ブラウンが書いた、ラングドン教授シリーズの「ロスト・シンボル」を読みました。ロスト・シンボルはおそらく世界一有名な秘密結社「フリーメイソン」がキーになっています。 ラングドン教授シリーズ トムハンクスが…

宮部みゆき「悲嘆の門」の感想とあらすじ

●「悲嘆の門」 上・下 宮部みゆき 3.5 ネット社会がどうのこうのというあらすじを少し読んで、なんとなく読んでみた宮部みゆきの「悲嘆の門」。 悲嘆の門(上) posted with ヨメレバ 宮部 みゆき 毎日新聞社 2015-01-14 Amazon Kindle 楽天ブックス 途中まで…