読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The News Alley

ドラマや、映画、日常の気になることを書いています。

初産で無痛分娩した体験談。リスクと麻酔のタイミングと痔の話

f:id:newsalley:20161221163723p:plain

友人が無痛分娩にしようかと悩んでいるとの事で連絡が来ました。

初産で無痛分娩した私に相談されたので、需要があるかもと思い、体験談を語ってみようかと思いました。

ちなみに、無痛分娩には否定的な人も多く、「無痛分娩なんかにするから…」と否定的な意見を言われることもしばしばありました。

 

なぜ、無痛分娩を選択したか?

無痛分娩の費用

無痛分娩の方法(麻酔と麻酔するタイミング)

無痛分娩の体験談(麻酔)

無痛分娩の体験談(陣痛の痛みは?)

無痛分娩の体験談(出産時・吸引分娩)

無痛分娩の体験談(後日談・痔の話)

無痛分娩まとめ

 

なぜ、無痛分娩を選択したか?

無痛分娩にした一番の理由は「痛いのが嫌だから」です。
とにかく、採血や注射ですら、痛くて嫌いなので、出来るだけ痛さを避けたかったからです。

また、海外では無痛分娩で出産されている人が多いというのも後押しになりました。
フランスでは約80%(2010年)、アメリカでは約60%(2008年)の女性が無痛分娩を選択しているそうです。

※経腟(ちつ)分娩(通常の出産・帝王切開ではない出産)の女性の割合です

 

無痛分娩の費用

一般的に無痛分娩の費用は3~15万円くらいのようです。

さすがに、出産費用が10万円以上増えるとなると私も考えたと思いますが、私が出産した病院は3万円だったので、無痛分娩にしよう!と即決しました。

 

無痛分娩の方法

・麻酔の種類

主に無痛分娩のときの麻酔方法は2つで、硬膜外麻酔点滴麻酔があります。

私の出産した病院は【硬膜外麻酔】を行っていました。

硬膜外麻酔とは、背骨の脊髄付近に針を刺して麻酔を入れる方法です。

 

・麻酔するタイミング

麻酔するタイミングは自分で選択する事が可能でした。
計画的に麻酔(計画出産)】か【陣痛が来てからの麻酔】かを選択出来ると説明されました。

既に上のお子さんが居る妊婦さんは都合などがあるため(行事や預かり先の手配等)、計画的に無痛分娩を行う事もあるという話でした。

初産の妊婦は陣痛が来てから無痛分娩の麻酔をする人が多いらしく、私もこちらを選びました。

 

無痛分娩の体験談(麻酔)

私の場合は出産予定日を1週間過ぎたところで、朝の8時過ぎから陣痛がありました。

ちなみに、出産予定日の健診で、羊水過少のため入院していたので、陣痛時から病院でした。

陣痛の痛みに、耐えられなくなったら硬膜外麻酔しましょうという予定だったので、陣痛が来ると歩くのが辛い18時ごろ、硬膜外麻酔をしてもらいました。

陣痛の痛みのせいであまり覚えていませんが、硬膜外麻酔は背中から、ヒヤッとしたものが、流れていく(注入される)ような感じで、さほど痛くもなく、「一刻も早く入れてくれ!!」という気持ちでした。

 

無痛分娩の体験談(陣痛)

硬膜外麻酔が効くまでは陣痛がかなり辛いと思っていたのですが、麻酔が効いてきたら、全然痛くなくなりました。
※うろ覚えですが、その間30分~1時間くらいでしょうか

しかし、陣痛が来ているのは分かり、例えるなら、【接骨院の電気治療のちょい強めのピリピリ】ぐらいの感じで、普通に会話出来て、母に驚かれました。

モニターもつけていたので、視覚的に陣痛が来たことも分かりました。

 

スポンサーリンク

 

 

無痛分娩の体験談(出産時・吸引分娩)

・無痛分娩の出産時のはなし

痛みがあんまりないので、いきみたいとあまり思えず、子宮口がなかなか開かなかったようです。

助産師さんが子宮口をチェックする時に、陣痛が来たらいきんで下さいと言われたので、いきんでいました。
が、あんまり辛いこともなかった気がします。

何回めかの助産師さんの子宮口チェックで、もう生まれるところだったらしく、思いっきりいきんで下さいと言われました。

自分のタイミングでいきんでみたところ、的外れだったらしく、モニターを見ている、ベテラン助産師さんの指示で、いきみました。

 

・吸引分娩

自分の中では3回の本気のいきみで生まれたと思うのですが、2回目くらいのところで、胎児の心拍が低下し、吸引分娩になりました

やっといきみのコツをつかんだと思った、3回目で無事誕生しました。
特に、赤ちゃんに問題はありませんでした。

・無痛分娩のリスク

無痛分娩をすると麻酔するため、いきみを感じづらくなり、鉗子分娩や吸引分娩が多くなるそうで、まさに私のケースもコレだったのかなと思います。

ちなみに、子供は生まれた瞬間から髪の毛がふさふさだったので、吸引分娩の時によくなるらしい、頭が細長いのは分かりませんでした。

 

無痛分娩の体験談(後日談・痔の話)

出産したのが、夜の11時ごろだったので、そのまま寝ることになりました。
出産ハイのため興奮していましたが、麻酔のおかげか会陰切開の痛みもほぼ感じませんでした。

痔の痛み

翌日からは麻酔が切れたため、地獄のような会陰切開の痛みと、痔の痛みと戦うことになります。

痔が腫れていたのに麻酔が切れるまで気が付きませんでした。

痔は5年くらい前に、いぼ痔が酷く手術したことがありましたが、妊娠時の便秘で再発していました。

その痔が、出産のいきみで腫れまくっていて、まさに、どっちが痛いのか分からない状態で、非常に大変でした。

お尻の方は括約筋を使うことが出来ず、一週間はおならを止めることが出来ませんでした・・・なんて悲しい。

一人部屋だったのが幸いです。

痔の方は一カ月で小康状態となりました。

 

無痛分娩まとめ

賛否両論ある無痛分娩ですが、メリットもデメリットもあります。

無痛分娩に否定的な意見も多いですが、おおむね私の出産を近くで見ていた人は肯定的な意見に変わったことが多かったです。

いろいろ考えたうえで選択するのが大事だと思いますが、もし2回目の出産があったなら、間違いなく私は無痛分娩を選択するでしょう。

 

スポンサーリンク