読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The News Alley

ドラマや、映画、日常の気になることを書いています。

たけしの「みんなの家庭の医学」目の奥にカスが溜まる第3の目の病とは?!

目の奥に「カス」が溜まるという衝撃的なタイトルで、気になった、たけしの「みんなの家庭の医学」身体を老けさせない5つの新事実SP


年をとると老化のために、年々見えづらくなってくる、目。


最近の調査によると、目の見え辛さをほうっておくと、極端に視力が悪くなり、最悪の場合には目の視野が欠けてしまうという、恐ろしい病気が隠れていることが分かったそうだ。

スポンサーリンク

 
これは新しい病気で、患者数が9年間で、約2倍の69万人にまで増加しているというから、非常に恐ろしい病気だ。

この目の病気は新聞や本などの活字が読み辛くなるだけではなく、顔の表情まで、読み取れなくなってしまうという。

ただでさえ、老眼になると見え辛くなるが、そのうえ、第三の目の病気になってしまうと大変だ。

 

●第三の目の病気の正体とは?

目のカスは「ドルーゼン」というもの。

加齢によって、ドルーゼンを除去する力が弱まっていき、ドルーゼンが溜まると視界を歪ませてしまう。

これを「加齢黄斑変性」という。

第三の目の病気の正体とは「加齢黄斑変性」のことである。


●第三の目の病気を防ぐ栄養素はコレだ!

ルテイン、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛という4つの栄養素を含む、サプリメントを飲んでもらい、5年間追跡調査したところ、18%も発症率が低いとの結果が出た。

中でも「ルテイン」はほうれん草やケールなどに含まれているが、人間の体内の、眼球の網膜にも多くある。

これのおかげで、紫外線から目が守られている。


「ルテイン」はは加齢と共に、減少していく為、食べ物で摂取していく必要がある。

しかし、推奨される摂取量を毎日摂るのは至難の業。


そこで、料理研究家の奥薗壽子さんが、作り置きできて、ルテインをたくさん摂取する事が出来る料理を紹介してくれた。

「ほうれん草のナムル」
「かぶの葉のふりかけ」
「パセリミートソース」

 

毎日食べるのは大変だが、第三の目の病気を防ぐために少しでもがんばりたいものだ。

 

スポンサーリンク

 

 たけしの「みんなの家庭の医学」身体を老けさせない5つの新事実SP

newsalley.hatenablog.com