読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The News Alley

ドラマや、映画、日常の気になることを書いています。

火星が接近2016年スーパーマーズの観測方角と時間は?

2016年5月31日は火星が地球に大接近するスーパーマーズの日です。


ここ10年で火星と地球が最も近い距離となり、普段よりも5倍も明るく火星が見えます。


本日の天気は?どちらの方角から見えるのか?何時ごろが最も適しているのか調べました。
 

・なぜ火星が地球に近づくのか?

なぜ、スーパーマーズという火星が地球に接近して、大きく見えるような事が起こるのでしょうか。

地球や火星は太陽を中心として、太陽の周りを回っていますが、惑星によって、太陽を中心にして回る軌道が違っているため、惑星が地球に近づいたり、離れたりします。

地球が丸に近い軌道で回っているのに対して、火星はつぶれた楕円のような軌道で回っているため、軌道が近づく時があり、今回のようなスーパーマーズがたまに起こります。


・火星の観察ポイントは?

日食と違いグラスなどは必要なく、肉眼で見る事が出来ます。
そして、日食と違い時間がシビアに限られているわけではありません。

観察のポイントですが、最も見えやすいのが、5月31日の19:30以降になります。
南東の空を見上げるとひときわ明るい星が見えるはずです。

最も遠いときの5倍の大きさに見えます。
また、夜になればなるほど赤く見えます。

もし、5月31日の夜に天気が悪かったり、都合が悪くて見られなくても、一週間ぐらいは火星が大きく見えるので、別の日に再度チャレンジしてみることも可能です。

 

スポンサーリンク

 

 

・全国的なお天気は?

全国的にやや曇りがちな星空になりそうですが、東京や仙台あたりの太平洋側は晴れそうです。
北海道・福岡・沖縄は天気が悪そうです。


側近の情報は星空指数でご確認ください!

www.tenki.jp

 

・次回のスーパーマーズは?

もし、今回の火星大接近が見られなかった場合も次回があります。
次回のスーパーマーズは2年後の2018年7月31日となります。

そして、2018年7月31日のスーパーマーズは今回よりもさらに、火星が地球に近づきます。

 

スポンサーリンク