読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The News Alley

ドラマや、映画、日常の気になることを書いています。

ある意味ヌーハラ?!フランス人のラーメン・餃子の変な食べ方

フランス 海外旅行 B級グルメ 食べ物

f:id:newsalley:20161220155819p:plain

最近、外国人からヌーハラと騒がれている、日本人のラーメンの食べ方。

しかし、フランスに行ったときにパリ・オペラ座の人気ラーメン店でラーメンを食べた時、周りのフランス人を見て驚愕

それこそ、ヌーハラ(ある意味、ラーメンに対しての)と思いました。

フランス人の一般的な定食の食べ方

フランスで、定食を頼むと前菜・メイン・デザートなどが一品ずつ、食べ終わってから、順番に運ばれて来るのが一般的です。

日本の定食屋のように、「味噌汁・アジフライ・小鉢・ご飯」みたいに、全てがどーんと一緒に出されることはあまりありません。

 

フランス人にラーメン・餃子定食を出すとどうなるのか?

長い旅行に来ていたので、どうしても日本食が食べたくなり、パリのラーメン激戦区であるオペラ座界隈で人気だというラーメン屋へ行きました。

当時、日本のラーメン屋で修業したベトナム人の方が経営されているとのことで、期待せず行ってみましたが、店内はほぼ満員状態で大盛況でした。

インチキ日本食とは違って、日本で食べているラーメンと変わらず、とても美味しかったです。

それはさておき、アサヒビール飲みながら、ハフハフとラーメンをすすっては餃子を食べて大満足!と思いつつ、周りのフランス人を見てみると・・・!?


ラーメンと餃子が運ばれてきているのに、餃子のみを食べ続けている、だと?!


つまり、ラーメンの麺が、伸びるのもかまわず、前菜として餃子を全部食べきってからラーメンを食べるというのが、フランス人のラーメン&餃子の食べ方らしい・・・。

 

スポンサーリンク

 

 

 

「OH!ラーメンのびちゃうよ!!」

と、ど日本人の私としては、ハラハラしながら、心の中で突っ込みを入れておりました。
しかし、もちろんフランス人に言いに行く勇気はありません。

この話は数年前の話で、ラーメン通の外国の方もたくさんいるでしょうから、最近はこの限りではないかもしれません。

まとめ

さっき調べてみたところ、私が食べたパリのラーメンは「北海道」というお店のラーメンのようです。

店名:北海道
住所: 14 rue Chabanais, 75002 Paris, France
電話番号: +33 1 42 60 50 95

※現在は経営者が変わってしまったとのことで、味が変わっているかも。


日本食に飢えていたので、「北海道」さんのラーメンは五臓六腑に染みわたり、とても美味しかったです。

ちなみに、ヌーハラについてですが、当時から外国人は麺をすするが不快だと、漫画か何かで得た知識で知っておりました。

そのため、パリのラーメン屋で食べた時は、「郷に入っては郷に従え」ということで、ヌーハラはぜず、ラーメンは音は立てずに麺をすすり食べきりました。

しかし、文化の違いって面白いですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

newsalley.hatenablog.com