The News Alley

ドラマや、映画、日常の気になることを書いています。

世界ふしぎ発見で紹介!絶景、中国張家界・奇岩地帯武陵源とは?

世界ふしぎ発見で紹介された、中国の湖南省張家界市にある、奇岩地帯、武陵源(ぶりょうげん)とはどんなところでしょうか?


映画「アバター」のモデルにもなったとも言われる、武陵源は絶景で世界遺産でもあります。

 

武陵源のベストシーズン、すごいエレベーターなど見どころをお伝えします!

 

奇岩地帯、武陵源(ぶりょうげん)とは?

中国の湖南省張家界市にあり、総面積は264平方㎞もあり、200メートル以上の岩の柱が3000本以上も林立しています。


その山水画のような風景は圧巻です。

 

f:id:newsalley:20160529005111j:plain

武陵源は年間約2000万人もの観光客が訪れる、人気絶景スポットです。
武陵源には ロープウェイや展望台、そしてガラスのつり橋もあり、絶景を眺めるだけではなく、観光客が楽しめるスポットもたくさんあります。

※ちなみにガラスの橋は亀裂が入ったなんて、日本でも話題になりました。

武陵源ベストシーズンは?

4月~10月頃が比較的おすすめですが、夏は気温が高いので、雨が少なく気温もそんなに高くない時期でいうと、9月、10月ごろがベストシーズンといえそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

日本から武陵源はどのくらい?おすすめツアーは?

日本からは北京・上海を経由して、張家界へ向かい、そこから武陵源へ向かいます。
飛行機の乗り継ぎ時間などを含めると約10時間ほどかかります。

 

日本→北京・上海は約3~4時間ほど。
北京・上海→張家界荷花空港は約2~3時間ほど。
張家界荷花空港→張家界市内は車で15分ほど。
張家界からはバスが出ていて40分くらいで武陵源に着きます。

 

●ツアー

旅行代金は東京発の便で、4日間13万円くらいからになっています。
最安値は11.8万円から!(燃料サーチャージ込・10月現在)
ツアーですと武陵源と共に中国で最も美しいと謳われる鳳凰古城を巡るツアーなどもあります。

武陵源へのツアー一覧はコチラ

 

●個人手配

日本の主要都市から、中国の北京や上海へ。
北京・上海から張家界荷花空港へ。(2~3時間くらい)

空港から市内まではタクシーで約15分くらい。
張家界市内のバスターミナルから、観光バスが出ており、40分ほどかかります。
武陵源内の移動はバスやロープウェイがあります。

 

※張家界荷花空港はとても狭く、設備が充実していないので、注意です。
※また、空港からはぼったくりタクシーなども多いので注意です。

 

武陵源のみどころは?

・巨大な百竜観光エレベーター

武陵源には巨大なエレベーターがあります。
自然遺産にこんなエレベーターがあっていいのか?!と思いますが、歩くと2時間、エレベーターだと1分なので、きっと乗ってしまうでしょう。

 

 

・天門山の天国への門

パワースポットとして有名で、市内から直接ロープウェイで行くができます。
空に向かって岩壁に超巨大な穴がぽっかりと開いています。
そこへ長い階段が伸びており、不思議な光景を醸し出しています。
ちなみに、床がガラス張りの崖の道もあります。

 

・中国一美しい街と謳われる鳳凰古城

武陵源からは少し離れていますが、非常に美しいミャオ族の古都です。
夜景も奇麗です。

 

 

世界ふしぎ発見!で、紹介されたパワースポットともいわれる、武陵源。
ぜひ、行ってみたいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

今いくべき国として、おすすめのポルトガル!この記事もおすすめです。

newsalley.hatenablog.com