読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The News Alley

ドラマや、映画、日常の気になることを書いています。

しくじり先生で星の王子さま紹介!フランス人の読み方とは?

バラエティー 読書 しくじり先生 フランス

しくじり先生で、オリエンタルラジオの中田先生が、「星の王子さま」から読み解く、人生の教訓という授業を行うとのことで、前にフランス人の先生が言っていた事を思い出しました。

また、物語の最後もなんとなく、思い出しました。

星の王子さまと言えば、言わずと知れた、フランス人のサン=テグジュペリが書いた児童書で、世界200ヵ国で読まれている、サン=テグジュペリ自身が描いた「星の王子さま」のイラストと共にとてもステキな本です。

漫画や本の中で紹介されていたり、イラストがとてもかわいいので、グッツになっていたりします。

また、日本には「星の王子さま」をモチーフにした、美術館やパーキングエリアもあるくらい、ファンが多い作品でもあります。
 

フランス人の星の王子さまの読み方とは?

趣味で個人のフランス語教室に通っていた時に、フランス人の先生と「星の王子さま」について、話していた時の事です。



「フランス人は星の王子さまを(人生のいろいろな時期に)何回も読むんだ」



※全部のフランス人がそうではないと思いますが、そんな人が多いらしい

例えば、最初に読むのは子供の時、次に読むのは思春期、次は青年期、次は中年期なんていう風に、「星の王子さま」を何回も繰り返し読むんだそうです。

 


「そして、読むたびに「星の王子さま」から、感じる事・学ぶことが違うんだ」



そんなことを言っていました。



ちなみに、なぜ「星の王子さま」の話題になったかと言えば、日本在住のフランス人の先生の娘さん(日仏ハーフ)が当時小学生で、個人的にフランス語を勉強中だったため、原書の「星の王子さま」を読み進めているんだという話からでした。

スポンサーリンク

 

 

星の王子さまの最後はどうなった?

いろいろな星を旅して、いろいろな人間に出会い、最後に自分の星へ帰ろうとしていた王子さま。

自分の記憶では「星の王子さま」は最後、唐突に消えた。
と記憶しています。
死んだのではなくて、消えたと。

本を読みなおしてみると、死を示唆しつつも王子様の死体的なものは無く、読む人に解釈は任せられているような感じです。

私は「王子はなんらかの手段で、(それは例えば魂だけだだったとしても)星に帰った」のではないかと思います。

星の王子さまの感想

星の王子さまを最初に読んだのは、中学生ぐらいの時で、大好きな漫画に出てきたので、気になって読んでみました。

正直、その時は有名な本なのに、さほど面白くないと思いました。
なぜ絶賛されるのかよく分からない・・・。

そして、大人になってから、おそらく30歳くらいの時、友人から再読してみたら?ということで、プレゼントされて、読んでみたところ・・・

この時に、初めて「星の王子さま」の奥深さを知りました。

中学生の自分には分からない、比喩表現や教訓じみたものがわんさかと書かれてありました。


なんか忘れてしまった何かを思い出しそうな・・・。

哲学書?みたいな感じでした。


フランス人の先生が言っていたように、この先、また齢を重ねてから、再読してみたら、何か違うことを感じられるのかなと楽しみです。

 

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

星の王子さま [ アントアーヌ・ド・サン・テグジュペリ ]
価格:518円(税込、送料無料) (2016/11/28時点)

スポンサーリンク

 

 

newsalley.hatenablog.com